事業譲渡について

今回は、M&Aにおいてよく利用される手法である「事業譲渡」についてお話しさせて頂きます。
事業譲渡では、法人の営む事業を全て譲渡するのではなく、その一部の事業を譲渡することができるため、
譲渡企業にとっては、売却したい事業のみ売却でき、事業の選択と集中ができる。

譲受企業にとっては、簿外債務や偶発債務のリスク負担がないといったメリットがあります。


但し、事業を運営する法人が変わるため、許認可事業の場合は、許認可を改めて取り直す必要がでてきたり、
取引先との取引契約や従業員との雇用契約を再度締結する必要があるなど、手続は非常に煩雑になるといったデメリットもあります。

事業譲渡は法人そのものを売却する形ではないので、一部の従業員のみが買い手側企業に承継されるケースも出てきますし、そのようなケースでは従業員の同意を得ない限り、基本的にM&Aが成立しないということにも注意する必要がありますね。

M&Aには数多くの手法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、
「ただ何となく株式譲渡で…」としてしまうと後からデメリットに気づくこともありますので、
予め信頼のおけるアドバイザーなどにご相談頂くのが宜しいかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


TOP