succession method

M&A実行支援事業承継に関する5つの手法

M&Aにおける譲渡企業と譲受企業
双方のメリット・デメリットとは?

譲受企業側

メリット

  • 事業の拡大をスピーディに実行することが出来る
    新規事業を0⇒1で作っていくより、既に事業として成立している2にも3にもなっている事業を自社に取り込むほうが、圧倒的に効率的で、既存の取引先や顧客もそのまま活かせたりと、譲渡企業の経営資源を今のまま活用することが可能です。
  • 技術の承継
    M&Aの実行により、譲受企業は譲渡企業側の優れた人材や技術を取り込むことができます。

デメリット

  • 事業計画通りにいかないリスクM&Aを行う際の常時企業側のリスクとして、企業文化の違いや外部要因などからM&Aが失敗となるケースもあるようです。その際は事業計画の練り直しが必要となることでしょう。

自社の事業規模をいち早く拡大できることは、M&Aにおける譲受企業側の最大のメリットともいえるでしょう。なぜなら、譲受企業にとってM&Aの最大の強みは「時間をお金で買うこと」にあるからです。

更には、譲渡企業側の優れた人材や技術を取り込むじちで、彼らのノウハウや知識をも自社の事業に活かすことができるようになります。たとえば資本力や営業力強化、技術力の強化など更なる収益を上げるための手段を増やすことが可能になります。

譲渡企業側

メリット

  • 資金調達力の確保
    たとえば、譲渡企業が与信力の高い譲受企業の子会社になることによって、金融機関から資金調達がしやすくなります。
  • 譲渡企業オーナーの利潤の確保
    株式を手放すことで、オーナーは株式譲渡代金を現金で受け取ることができます。
  • 従業員の雇用維持
    清算・廃業の場合では事業が存続不可能となるため、従業員が解雇となってしまいますが、M&Aであれば事業も雇用も現在のまま維持されます。さらには福利厚生の向上も見込める可能性が高く、経営者としては安心できる要素となります。

デメリット

  • 新体制となり企業文化に馴染めない人材が出てくるリスク
    譲渡企業が譲受企業の傘下に入ることで数多くの恩恵がある一方、その従業員が譲受企業の文化に馴染めず会社を去ってしまうというリスクがあります。そのため事前協議の中で、従業員の処遇については条件を固めておくとよいでしょう。

TOP