バイアウトファンドって何?どう活用するべきか?そのメリットやリスクを解説!

バイアウトファンドの利用を検討している方にとってその仕組みやメリットなどは気になるところです。

そもそもバイアウトファンドとはどのようなものなのか、利用する時のメリットやリスクなど、事前に知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではバイアウトファンドの仕組みや活用法、メリットやリスクなどについて解説させていただきます。

そもそもバイアウトファンドって?

 バイアウトファンドの仕組みとは?

 バイアウトファンドとは複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を事業会社や金融機関へ投資し、その企業の経営に深く関与していき、企業価値を高めた後に、その企業の株式を売却することで高いリターンを得ることを目的とした  ファンドのことを指します。

 詳しく説明すると、複数の投資家から集めた資金を未上場の会社もしくは上場している業績不振の会社等に投資をして、その会社の経営に関与していくことで企業の価値を向上させた後、転売したり、当該会社の上場や再上場等によって株式を売却することで資金を回収し、投資家により多くの利益を配分していくという仕組みになっています。

 また経営危機となっている企業や経営が破綻してしまった企業を安い値段で買い叩くファンドもあるため別名「ハゲタカファンド」といわれることもあります。

ベンチャーキャピタルとの違いとは?

 バイアウトファンドとベンチャー・キャピタルはよく混同されがちですが、以下 のような違いがあります。

 ・投資をする企業の成熟度

 バイアウトファンドが投資の対象とする企業は既に事業基盤が確立し、収益が安 定化している成熟企業を対象とします。

 一方、ベンチャーキャピタルは、上場を目指し急成長が見込まれるスタートアッ プ企業や事業拡大の投資資金を必要としているベンチャー企業などを対象としま す。

 バイアウトファンドでは投資対象が成熟企業なので倒産の危機がとても低く抑え られますが、ベンチャーキャピタルの場合は途中で経営が上手くいかなり、倒産 した場合は出資金が水の泡となる可能性が多くあります。

 安定性や利回りなどを考えるとバイアウトファンドの方が魅力的だといえるので はないでしょうか。

 ・出資金の違い

 バイアウトファンドとベンチャーキャピタルでは出資金の違いもあります。

 バイアウトファンドでは成熟企業への出資というよりは買収を行うことで、経営 の中に入り込みます。成熟企業の買収には大きな資金が必要となりますので、出 資金がベンチャー企業を対象としたベンチャーキャピタルよりも大きくなりま  す。

 買収した後は、経営のプロが買収先の企業に入りコストカットなどの経営改革を 行っていき収益性の改善や、潜在能力を引き上げ、企業価値を向上させていきま す。

 一方、ベンチャーキャピタルは買収ではなく、あくまで出資を行っていきます。

 経営陣が上場まで成長することを手助けするための資金を出資しますが、出資受 け入れ後の経営を行うのも現在の経営陣となります。そしてバイアウトファンド に比べ大きな出資金を出して経営の中に入ることもなく、あくまでその経営者が 生み出す事業に期待して投資するため、出資金を低く抑えることができます。ま た出資金を低くすることで、倒産した時の痛手を抑えられるという狙いもありま す。

PEファンドとの違いとは?

 こちらも混同されがちですがプライベート・エクイティ・ファンド(PEファン  ド)とは、株式市場に上場していない非公開(未上場)企業の株、あるいはそれ らの企業への投資(PE投資)を行うファンドのことです。

 主に年金基金や金融機関など、いわゆる機関投資家が中心となって行われてお  り、代替的投資(オルタナティブ投資)といわれる手法のひとつとなっていま  す。

 そんなPEファンドは、出資する企業のステージに応じて「ベンチャーキャピタ  ル」「バイアウトファンド」「事業再生ファンド」「ディストレスファンド」の4 種類に大別されますので、バイアウトファンドとの違いというよりも、PEファン ドの中の一つの投資形態がバイアウトファンドということになります。

主要なバイアウトファンドの紹介

 実際にどのようなバイアウトファンドがあるのでしょうか。代表的なファンドを ご紹介します。

 ・カーライル・グループ

https://www.carlyle.com/ja

  世界規模の投資ファンドであり、「バイアウト」「グロース・キャピタル」   「リアルエステート」「レバレッジド・ファイナンス」の4つの分野の投資ファ  ンドを運営する。

 ・日本産業パートナーズ

http://www.jipinc.com/

  事業の活性化を支援する投資基金を主として大企業の事業再編に伴う事業カー  ブアウト(分社化)や独立中堅企業の事業再構築における、資本提供や経営支  援を行う。

 ・インテグラル

https://www.integralkk.com/

  日本の独立系の投資会社。海外の親会社や特定の金融系列などには属していな   い。

 ・ユニゾンキャピタル

https://www.unisoncap.com/jp/

  日本におけるバイアウトファンドのパイオニアであり、戦略立案や遂行をサ   ポートするマネジメント・アドバイザー、金融機関、コンサルティングファー  ム、コミュニケーションの専門家などを最大限に活かし、投資先企業のニーズ  に幅広く対応している。

バイアウトファンドをどう活用するか

実際にバイアウトファンドを活用する時にはどのような方法があるのでしょうか?ここではその活用法を紹介いたします。

カーブアウト

企業が事業の一部や子会社を切り離し、ベンチャー企業として独立させて収益改 善や事業成長を図る経営戦略のことをいいます。バイアウトファンドの場合も、 例として製造業の会社が不動産業や専門商社などの子会社を切り離し、独立させ ることにより収益改善や事業成長につなげる活用法があります。

事業承継

昨今ではオーナー企業の事業承継のニーズが高まってきています。バイアウト  ファンドにおける事業継承では企業をファンドに預け、ファンドのサポートで企 業価値を高めた上で、後継者となる経営者や事業会社に譲渡する戦略として活用 できます。また、相続を見据えた上でファンドへの売却を選択するケースもあり ます。

ホワイトナイト

 ホワイトナイトとは、敵対的買収を仕掛けられた対象会社を、買収者に対抗し  て、友好的に買収または合併する会社のことを指します。敵対的買収を受けた会 社がバイアウトファンドを友好的な投資家として招聘する場合などに活用できま す。

バイアウトファンドのメリット

企業価値向上のメリット

バイアウトファンドは、投資先の企業経営に積極的に関わり、専門家の派遣や、 有効な経営戦略の提案を行うなど、資金面以外でも企業の価値を向上させる様々 なサポートを行います。バイアウトファンドが関与することによって、より効率 的な経営が可能となり、企業価値向上へつながります。

経営悪化や倒産のリスクを抑えられるメリット

 バイアウトファンドの投資対象の企業は収益が安定している成熟企業を対象とし ますので、経営の悪化や倒産の危機などのリスクを抑えられるというメリットが あります。

バイアウトファンドのリスクとは?

経営の自由度が低下する

バイアウトファンドから、資金面の他にも様々なサポートが受けられることはメ リットですが、ファンドが経営に関わることで、経営の自由度が制限されること にもつながってしまいます。

ファンドは利益を最優先し、その手段として企業価値を高める方向で経営を進め ていきますので、企業の方針とファンドの方針が対立するといったケースもでて きます。また株の過半数をファンドが保有していれば、ファンドが打ち出す方針 に従わなければいけなくなりますので、経営の自由度が低下するリスクがありま す。

経営権を失ってしまうリスク

バイアウトファンドは利益を得るため、最終的にM&Aなどによって株を売却して エグジットします。M&Aによって他社が経営に関わることになりますので、創業 者(経営者)は経営権を失うリスクが出てくるのです。

以上のようなバイアウトファンドの仕組み、メリットやリスクをご紹介しました が、参考になりましたでしょうか?

今回紹介した情報や知識を是非ともご活用して頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


TOP