サイト売買の仕組みとは?気になる価格相場や売買のポイントをわかりやすく解説!

サイト売買を検討する方にとってその仕組みや相場は気になるところです。

そもそもサイト売買とはどのようなものなのか、売る時・買う時にはどのような方法があり、どのくらいの値段で取引されているのか、売れるサイトの特徴はどのようなものなのか、などといったことはサイト売買を行う上でとても重要なポイントになるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではサイト売買の仕組みやサイト価格の相場、高く売るためのポイントなどについて解説させていただきます。

そもそもサイト売買とは?

サイト売買とは企業や個人が所有するウェブサイトやサイトを構成するコンテンツを売買することを言い、別名サイトM&Aと呼ばれることもあります。

さてその仕組みはどのようになっているのでしょうか?

サイトを売る時の仕組みとは?

サイトを売却する時の流れとしては、初めにサイト売買に関する専門サイトに登録を行い、買い手の方からオファーを待ちます。

買い手の方からのオファーがあったら、登録したサイトの収益・アクセス数などを参考に、買い手の方との商談を行いお互いの合意が得られると売買成立となり、譲渡契約書にサインをして完了、というのが基本的な流れとなります。

そして取引を行う際には、出来るだけ個人間のやり取りを避け、サイト売買に関する専門のサイトや仲介業者を間に置くことがおススメです。

なぜなら、個人間でのコミュニケーションだと連絡が遅くなったり音信不通になり交渉が上手くいかないケースが出てくるためです。

また売り手と買い手で知識や理解の程度の違いがある場合には、間に公正な判断が出来る人がいないと、個人の意見をぶつけ合うことになってしまい交渉が決裂するといったことも発生しやすくなります。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも専門のサイトや仲介業者を間に置くことは重要といえるでしょう。

サイトを買う時の仕組みとは?

サイトを買取する時の流れとしては、まずはサイト売買に関する専門のサイトで会員登録を行い、そこに掲載されているサイトの情報を検索・閲覧します。

買取の希望価格や月間売上、営業利益、月間コスト、PV数、会員数などの情報を元に気に入ったサイトを見つけたら、売り手の方へ交渉を申し込みます。

譲渡する対象物や買取金額、実際に譲渡する日時、入金日などの詳細を協議し、お互いの合意が得られると交渉成立となり、譲渡契約書にサインをして完了、というのが基本的な流れとなります。

売却時と同様、トラブルや交渉決裂のリスクを未然に防ぐためにも専門のサイトや仲介業者を間に置くことが重要となります。

サイト売買の相場とは?

さてサイト売買の実際の相場とは果たしてどのくらいなのでしょうか。

ネット通販などを行うECサイトや、検索エンジンやリンク集を核としたポータルサイト、アフィリエイトサイトやクリック課金型広告のアドセンスサイトなど様々なサイトが存在しています。

ここではこの様なサイトのサイト売買の相場と相場を決めるポイントをご紹介します。

サイト売買の相場とは?

まずはECサイトの相場です。

1ヶ月の確定利益(月平均)×15~20ヶ月分=サイトの価格

といった計算式がサイトの相場となります。しかし人件費・広告費・仕入れ等が関わる場合は少し変わってきます。

例として売り上げが100万円あったとしても、人件費・広告費・仕入れ等に30万円かかっていた場合、確定する利益は70万円となり、最大70万円×20か月分という計算方法になります。さらに集客状況や会員数、メルマガ数、販売している商品などが査定の対象となり、これらによって価格が前後するのです。

続いてポータルサイトの相場です。

1ヶ月の確定利益(月平均)×36〜60ヶ月分=サイトの価格

といった計算式がサイトの相場となります。ポータルサイトは、制作するのに時間も費用もかかるため、サイト売買の世界において一番相場が高くなっています。

月に10万円利益のあるサイトであれば約600万円、月に100万円の利益があるサイトであれば約6,000万円で売却できるようなイメージとなります。

最後にアフィリエイトサイトやアドセンスサイトの相場です。

1ヶ月の確定利益(月平均)×15~20ヶ月分=サイトの価格

といったECサイトの計算式と同じになりますが、集客状況やメルマガ数、トレンドに左右されていないかなどの点が査定の対象となり、価格が前後します。

月に10万円利益のあるサイトであれば約200万円、月に100万円の利益があるサイトであれば約2,000万円で売却できるようなイメージとなります。

サイトの相場を決めるポイントとは?

ECサイトやポータルサイトよりも実際に売却することが多い、アフィリエイト・アドセンスサイトは、どのようなSEO対策をしているのかが相場を決めるポイントになります。

自身のサイトを上位に表示させる為の自演リンクが一切貼ってないサイトであることや、検索エンジンによるペナルティーを受けることがない、ホワイトハットSEOのサイトの場合は、上記の計算式で売買が進められますが、多くの自演リンクがついているブラックハットSEOのサイトは、スパム行為と判定されるなどの大きなリスクがあるため、月間利益の半年分の相場となってしまうことがあります。

取引をした後の問題が起きない為にも、このようなブラックハットSEOのサイトには細心の注意を払い交渉を進めることが重要となります。

サイト売るメリット、買うメリットとは?

サイトを売るメリット

サイトを売却する時のメリットとしては、お金を得られる点があります。そしてサイトを制作する技術のある方にとっては、さらに原価を抑えて利益を得ることもできます。

また、現在、複数のサイトを持っている方にとっては、ひとつのサイトを売却しお金を得ることで、サイト管理の手間が少なくなることや、売却して得たお金を別の事業などに投資するメリットもあります。

さらに、一度サイトの売却を経験することによって、次にサイトを制作する時にどんなサイトを作れば高値で売却できるのか考えながら制作できるというメリットもあります。

あまり利益のでなかったサイトをお持ちの場合は、別の事業の資金調達や事業の効率化を考え、サイトの売却を検討するといいのではないでしょうか。

サイトを買うメリット

サイトを買い取る側のメリットとしては、すでに制作されているサイトを購入するのでサイトを一から制作・運用し成長させる時間を大幅に短縮できますし、売上や実績がわかっているサイトなので失敗のリスクが軽減できるというメリットがあります。

また自分のサイトにない顧客や商材・ノウハウなどを、買い取ったサイトから得ることができますので自分のサイトの経営資源能力の補完や補強ができるといった点もあります。

サイト売買のリスクやデメリット

サイト売買にはリスクやデメリットもあります。

サイト売買は、誰でも気軽にできる反面、売り手と買い手の個人間だけで取引が進められることが多いため、契約関係のトラブルや交渉成立後のトラブルが起きやすいといったリスクがあります。

このようなトラブルやリスクをなくすためにも専門的な知識を持った仲介業者に最初から最後まで取引を管理してもらった方が、円滑に安全なサイト売買を行うことができるでしょう。

また買い取る際にはまとまった資金が必要となり、高い収益やアクセス数が多ければ多いほどそれに伴い金額も大きくなります。また完成度の高いサイトは自らカスタマイズする必要はなくなりますが、その分自由度もなくなるというデメリットも出てきます。

サイトを買い取る際には、サイトの売上やアクセス数だけでなく、カスタマイズやメンテナンスなどの技術的な面も念頭に置いておくといいでしょう。

高く売れるサイトの判断基準とは?

サイト売買を考えている人にとっては、どのようなサイトが高く売れるのか、逆にどのようなサイトが売れないのか気になる方が多いのではないでしょうか。そんな売れるサイト・売れないサイトの特徴をここではご紹介します。

売れるサイトの特徴

まずは収益が安定しているという特徴を持ったサイトです。

サイトを買おうとしている人の多くは時間や手間をかけずに一定の収益が見込めるサイトを購入したいと考えています。不動産の投資などと同じように収益がなければ売れることはないので、大前提として売れるサイトの特徴と言えます。

次にアクセス数やPV数が多いという特徴です。アクセス数やPV数が多ければ、現状の収益が少なくても将来的に上手く運用することで収益化できる可能性が大きくなるからです。アクセス数やPV数が多いサイトでは工夫次第で大きな収益化が見込めるので、売れやすいという特徴があります。

売れないサイトの特徴

売れるサイトの特徴とは逆に収益が少ないサイトは当然売れにくいという特徴があります。サイトを買いたい人にとっては基本的に収益が第一の目的です。

安定した収益がない場合は、簡単に売却は出来ませんので、まずは毎月の安定した収益を上げることが重要となります。

また運営している期間が短い場合も売れにくくなります。期間が短い=実績も少ない、ということを意味する為、収益の安定性が低いとみなされますので、最低1年以上の運営期間がないと売れにくくなります。そのような運営期間が短いサイトだと、検索エンジンでも上位に表示されにくいという点があり、収益を上げるために必要なアクセス数を伸ばしにくくなりますので、売れないサイトの特徴といえます。

効果的なサイト売買で収益を!

最後に実際にサイト売買を行う上で必要となってくるサイト売買のオススメサイトをご紹介します。

サイト売買のオススメサイトをご紹介!

1.サイトキャッチャー

http://sitecatcher.net/

「サイトキャッチャー」は登録者数が多く、アフィリエイターの間でも人気が高いサイトです。

数十万~数百万円といった価格帯がメインです。個人のサイトや中規模サイトの売買にオススメですが、高額売買には向いてないという特徴があります。

2.サイトストック

http://sitestock.jp/

「サイトストック」は、サイト売買専業のサイトとしては、比較的規模の大きいサイトとなっています。サイト売買以外にも、サイトの簡易査定やコンサルティングなども行っています。

価格帯は数十万~数百万円の案件が多く、個人サイトや、小規模サイトの売買が中心となっています。

3.サイトレード

https://site-trade.jp/

「サイトレード」は、日本初のサイト売買専門会社であり、サイト売買の実績も非常に豊富です。またサイト売買案件の紹介だけでなく、サイト売買を検討している方のヒアリングレポートの作成、売買成立後の「サイトリノベーション」「ビジネスサポート」など、アフターケアの充実も魅力です。

4.プレミアM&A

https://www.premierma.co.jp/

「プレミアM&A」は、サイト売買のほかに、サイトの無料査定サービスを提供しています。また登録制のサイトの為、迷惑ユーザーや悪質な取引者がいないので安心して売買を行うことが出来ます。ただし会員登録をしないとサイト売買案件を見ることができないサイトとなっております。(会員登録は無料)

5.RESITE

https://ai-resite.jp/

「RESITE(リサイト)」は、運営会社のAIGATE株式会社が上場企業のフィンテックグローバル社と業務提携しているので、安心で充実したサービスを提供しています。

価格帯は数十万~数百万円程の希望額となっています。また売却手数料が3%と低く、着手金や中間金が一切取られないことも魅力な点です。

以上のようなサイト売買の仕組や価格相場、売買のポイントをご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

紹介した仕組みやポイントなどを自分のサイトの運営状況などと照らし合わせながら、効率よく効果的なサイト売買を行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


TOP