M&Aを行う目的と理由

M&Aでは、よくセットで、「シナジー」とか「相乗効果」という言葉が付け加えられることが多いです。

つまり、どのようにM&Aで買ってきた会社や事業を、既存の会社や事業と組み合わせて共に成長していくか、という話ですが、これは買い手からすれば、M&Aの核の部分であり、なによりも難しいフェーズ(以下、PMIといいます)だと思います。

M&Aで成功か失敗かを左右する最重要なPMIを会社が重要視するのは、「会社は企業や事業をマイナスから買う」からです。一般に、市場価格よりプレミアムを乗せて会社や事業を買うことが多いですが、既存価値にプラスしてこのプレミアムを加算しているので、買い手は早く元を取り、1+1=2以上の価値を創造したいと考えるのは自然です。

しかし、中にはM&Aで会社を買うこと自体が目的となってしまうケースも散見されます。買い手にとってみれば、PMIによって新しい価値を見出し、それによって会社の発展や成長に貢献することが本来の目的となるはずですが、M&Aをすることが目的となってしまう場合、それでは元も子もありません。なので、会社や事業を買う場合には、そのM&Aを行った後どうしたいのか、ということをどれだけ具体的に描けているか、が最も重要なことです。いつ、だれが、何を、どうするのか、具体的に考えれば考えるほど、課題が見えてきます。課題が見えれば、M&Aの交渉段階で事前にリスク回避しておくことも可能ですし、場合によってはM&Aでなくても実現できるかもしれません。なので、買い手にはビジネスデューデリをとことん行うことが大切です。

法務や財務は後回しでまったく問題ありません。目標を実現するためのM&AでありPMIであることの意味を今一度押さえておいてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


TOP