~withコロナでの新たなM&Aの進め方〜

みなさま、あけましておめでとうございます。

新年早々緊急事態宣言が発出されましたが、

国民が一致団結し、感染予防対策しながら乗り越えて、

ぜひオリンピック開催してもらいたいと思っています。

 

さて我々の事業承継M&A仲介の実務においても

2020年は大きな変化の年となりました。

第一回の緊急事態宣言時には世の中がひっくり返りそうな印象があったことで、

譲受企業自身の足元状況が落ち着くまでM&Aの検討が止まったり、

工場見学できないことで案件が止まったりしました。

一方でリモート打ち合わせが当たり前になったり、

契約書の電子化が進んだりと、飛躍的に生産性が向上した一年でもありました。

 

これまでのやり方を大きく変えることはとてもストレスがかかりますが、

平時だと起き得なかったこれまでの延長線上にはない変化が求められたことで、

変化することに対する抵抗感が一気に薄れ、

企業の価値観が180度変わったように感じています。

 

この流れは2021年も加速すると考えています。

当社におきましても様々なITツールや新たな仕組みを活用して

1社でも多く事業承継M&A支援を通じて企業の存続と成長に

貢献していきたいと考えております。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


TOP