Yuya Kosuda 小須田 優弥 事業承継支援部 担当課長

「君にしか頼めない」そう言ってもらえる
M&Aアドバイザーを目指して。

私は2017年6月にフォーバルに入社しました。前職ではM&Aでの買収サイドにおいて資金調達や、後継者のいない会社を譲り受けた事業再生、IPO支援といった現場に携わっていました。銀行から紹介を受けた赤字、債務超過の会社を譲り受け、役員として経営に関わった経験もあります。当時は化粧品会社や美容関連会社を中心に譲受を進めていました。

その時経験したこと、それは後継者がいないことで誰にも相談できず、一人で悩んでいる経営者が余りにも多いことでした。

「息子は継がないと言っているし、後継者もいないから事業承継は諦めている。」「赤字だから無理」、「債務超過だから。。」など、事業承継は無理だと決めつけてしまっている経営者が本当に多いことに気づかされました。 「後継者不在で困っている企業があればどんな小規模企業でも救う」そんな熱い会社の姿勢に惹かれ当社への入社を決めました。

「君にしか頼めない」そう言ってもらえるM&Aアドバイザーを目指して。

毎日経営者と会うことで
沢山の学びと刺激をもらえる

譲渡企業のオリジネーションからエギゼキューションまで事業承継支援全般をおこなっています。

オリジネーションにおいては、当社の強みでもある全国の支社と連携を図り、事業承継に関連する相談があがってきたら支社の担当者と同行訪問したりすることでお客様のニーズに素早く応えるような仕組みづくりができています。電話営業は勿論おこないますが、WEBからの集客にも力を入れていますので問い合わせから受託に繋がるケースもあります。

毎日経営者と会うことで沢山の学びと刺激をもらえる

1企業1担当者。
任せられる責任と使命感。

 日本の中小企業のなかでも中規模企業(売上3億円~10億円)といわれる企業が50万社あるのに対し、小規模企業(売上3億円未満)は330万社あると言われています。

他の仲介会社や金融機関は売上10億円以上の会社を対象としているケースが多く、たとえ黒字であっても小規模企業は見過ごされるケースが多々あることが問題となっています。当社はその小規模企業を1社でも多く救うことをミッションとしています。当社のスローガンである「新しいあたりまえ」はこうした他社が取り組まない領域へのチャレンジともいえます。

日本国内での成功事例をつくり、3年後には国内に留まらず、東南アジアやその他世界の国々の事業承継問題の解決に寄与できる体制づくりをしたいと考えています。

Message

当部に配属される方は全員中途採用者です。
異なったバックグランドの経験やスキルを持ち合い、助け合う文化があります。
是非あなたのお力を貸してください。

1企業1担当者。任せられる責任と使命感。