無料相談

0120-37-4086受付時間:平日9:00~18:00

事業承継やM&Aを検討している 中小・小規模企業
の経営者様へ

       ・・・・・・・・・

フォーバルなら
誰にも相談できない
事業承継の悩みに
お応えできます

・・・・・・・・・

フォーバルは20,000社を超える中小・小規模企業の経営者と向き合ってきた実績をベースに
熟練した専門家が経営者の誰にも相談できない事業承継の悩みに寄り添い
様々な事業承継の選択肢に対して経営者・従業員・取引先の全てが幸せになるM&Aのお手伝いをいたします。

事業承継時には
どんな選択肢があるの?

国内企業の2/3が後者不在だと言われています。後継者不在により廃業せざるを得ない企業が多く存在する状況です。
順調な経営を行い、地域社会に貢献してきた中小・小規模企業が廃業してしまう損失は計り知れません。

事業承継4つの手法

1

親族承継

例:息子に継ぐ

メリット

従業員、取引先から受け入れられやすい。

デメリット

後継者に現経営と同等以上の経営スキルが求められる。

2

従業員承継

例:息子ではなく会社のことを最も理解している専務に継ぐ

メリット

業務に精通しているため、他の従業員などの理解を得やすい。

デメリット

個人債務保証の引継ぎ等の問題、後継者候補の株式取得等の資金力の問題。

3

M&A

第三者に継ぐ、息子や従業員に後継者がいない

メリット

資本力強化、営業力強化、技術力強化など更なる収益を上げる手段を増やすことが可能。

デメリット

事業計画通りにいかないリスク、企業文化の違い。

4

清算・廃業

メリット

創業者利潤の獲得。引退の実現。

デメリット

取引先に迷惑がかかる、従業員の働き場所が失われる。特に高齢従業員の再就職が困難。

親族や従業員への承継が難しい場合は、M&Aか廃業のどちらかの選択になります。

事業継承の4つの手法のどれが適切か、どの手法を取ればいいのか?
など自社に最適な方法の選定や進め方のご提案まで無料で対応いたします。

お問い合わせ後「専任担当者」がご連絡いたします。

売主様に選ばれる理由が
3つあります

銀行、証券会社、その他大手仲介会社では対応できない小規模企業でも、企業規模問わず対応可能です。

理由1

中小・小規模企業に
特化

銀行、証券会社、その他大手仲介会社では対応できない小規模企業でも、企業規模問わず対応可能です。

理由2

経営相談契約顧客が
約20,000社

約2万社の経営相談契約顧客を抱えていることで、スピーディーな企業マッチングが仕組化されており案件成就に向けて専念できます。

理由3

企業の磨き上げから
経営統合支援まで
ワンストップ対応可能

企業価値を上げるための磨き上げの支援や、統合シナジーの最大化のための経営統合支援を全てフォーバルにて対応することができます。

創業者の想い、従業員を次の経営者へと引継ぎ、
企業の存続と成長に貢献するために、事業承継の支援を行っております。

成功事例

成功事例

お互いの希望と幸せが叶う
M&Aでなければ、意味がない

譲渡企業

企業名:
T社 代表取締役 S様
所在地:
東京都
業務内容:
システム企画・システムコンサルティング

譲受企業

企業名:
T社 代表取締役 A様
所在地:
東京都
業務内容:
システム受託開発

M&A成功の理由インタビュー


T社 代表取締役 S様

どのような想いや動機で
譲渡を検討されたのでしょうか。

今回のお話しを進める以前から、継続してお取引を頂いているお客様がいるのですが、請負で業務を受注するペースに波がありました。
また、とても大きなお客様なので、請け負う業務にも、それなりに多くの工数が必要でしたが、どうしてもマンパワー不足や規模の問題等から、受けることができる業務も限られておりました。
そこで、受注できる業務が偏ることなく、安定的に対応するには、組織に入って業務をまわしていくことだと思いました。
複数人で行うことで、他のことにも着手ができますし、より幅が広い業務を請け負うことも可能になると考えました。

M&Aを振り返ってみて、ポイントだった点や感じたことなどを率直に教えて頂けますでしょうか。

相手のことをもっと深く知れる機会を与えてくれると嬉しいと思いますね。M&Aはビジネスであるのは分かっていますが、結局のところ、最終判断は人間性で決めるものです。お酒を飲み交わしたり、深い話し合いをもったうえで決めていける機会が増えると嬉しいと思いますね。

今後の抱負を頂けますでしょうか。

やはり会社を大きくしていきたいという思いがあり、将来、上場に向けた未来を描いていきたいと思います。
もっと上流工程を強化し、コンサルティング部門を強化していくのが、これからの目標であります。
今回はその第一歩です。社員からも今回のM&Aをきっかけに会社が変革していく中で、社員の意見や考えを発信してもらい、それを受け入れられる体制・仕組みを作っていきたいと思います。

T社 代表取締役 A様

私たちが担当しています


山田健一

事業承継支援部
部長
山田健一

約2万社の中小・小規模企業様との
ご縁・つながりを保ち続けられるように。

すでに当社には、経営相談契約をいただいている中小・小規模企業様が約2万社いらっしゃいます。 その企業様と当社とのつながりを、20年先、30年先でも保ち続けられるよう、経営支援・事業承継支援を行っています。
具体的には、後継者不在等で先行き不安を感じる経営者の方にお会いして、どのようにこの時代を生き残っていくか、従業員の皆様や取引先の方々にどのように夢や希望を感じてもらうか、経営者ご自身の終活をどのように進めるべきか等の課題に対して、事業承継・M&Aという形でご提案、実行支援をしています。
また、お客様のご希望に応じてM&Aによる成長戦略立案やアドバイザリー業務、直接投資によるハンズオン支援も行っています。
今後は、『中小・小規模企業を何とかして存続成長させたい!』という熱い気持ちを持った方々と共に事業拡大できるようなネットワーク構築も検討しています。

田口義久

事業承継支援部
課長
田口義久

中小企業に対し、アドバイザーの立場から
救済・成長へと導いていく仕事がしたい。

会社の存続と成長に関する課題を抱えた経営者様に対して、事業承継の観点から課題解決に導くための方法をご提案しています。
また、業界動向等の外部環境や企業の内的課題を踏まえ、目的達成に向けた最善の方法を経営者の方と一緒に考えながら、それぞれの会社に合わせた事業承継の実行支援を行っています。
一見派手に見えるM&Aアドバイザーの業務ですが、実際にはお手紙を書く、電話でアポを取る、大量の資料のコピーやエクセルでのリスト作成等地道な業務が多いです。
もちろんプロとしての幅広い知識は必要ですが、それ以外にもこういった作業を真摯に積み重ねていくことが、一つ一つのディールクロージングへの道筋なのだと思います。

事業承継の進め方

約20,000社の経営相談を実施してきたフォーバル が、貴社の事業承継を大きくサポートいたします。
貴社の経営状況や事業規模によらず、どのような状況でもまず一度ご相談ください。専任の担当者がバックアップいたします

事業承継の進め方

ご相談は無料です 秘密厳守

お問い合わせ後「専任担当者」がご連絡いたします。